一級建築施工管理



【No.1】トータルステーションを用いて行う測量に関する次の記述のうち,適当でないものはどれか。
(1) トータルステーションでは,水平角観測,鉛直角観測及び距離測定は,1視準で同時に行うことを原則とする。
(2) トータルステーションでは,水平角観測の必要対回数に合わせ,取得された鉛直角観測値及び距離測定値はすべて採用し,その最大値を用いる。
(3) トータルステーションでの観測値の記録は,データコレクタを用いるものとするが,データコレクタを用いない場合には,観測手簿に記載する。
(4) トータルステーションでは,気象補正のため,気温,気圧などの気象測定を距離測定の開始直前又は終了直後に行う。