一級建築施工管理



【No.1】レベルと標尺を用いる水準測量に関する次の記述のうち,適当でないものはどれか。
(1) レベルの円形水準器の調整は,望遠鏡をどの方向に動かしてもレベルの気泡が円形水準器の中央にくるように調整する。
(2) 自動レベルは,円形水準器及び気泡管水準器により観測者が視準線を水平にした状態で自動的に標尺目盛を読み取るものである。
(3) 電子レベルは,電子レベル専用標尺に刻まれたパターンを観測者の目の代わりとなる検出器で認識し,電子画像処理をして高さ及び距離を自動的に読み取るものである。
(4) 標尺の付属円形水準器の調整は,標尺が鉛直の状態で付属水準器の気泡が中央にくるように調整する。