一級建築施工管理



【No.1】トータルステーションを用いる測量などに関する次の記述のうち,適当なものはどれか。
(1) トータルステーションは,測距と測角を単一器械で行うことができるが,器械高を自動的に読み取ることはできない。
(2) トータルステーションは,従来のセオドライトと光波測距儀を一体化したもので,器械を設置した点と視準する2点間の水平距離と高低差を求めることはできない。
(3) トータルステーションによる観測では,事前に気温,気圧を観測して本体にこの値を入力することにより距離の観測値に対する自動補正を行うが,座標値を持つ標杭などを基準として,求める点の座標値を求めることはできない。
(4) トータルステーションによる観測では,座標値を持つ標杭などを基準として,すでに計算された座標値を持つ点を設置することはできない。