一級建築施工管理



【No.1】水準測量における誤差とその消去法に関する次の記述のうち,適当でないものはどれか。
(1) 視準線誤差を消去するには,水準器から前視,後視の標尺までの視準距離を等しくする。
(2) 標尺の零目盛誤差を消去するには,2本の標尺を1組として交互に使用し,出発点から到着点までの水準器の整置回数を奇数回とする。
(3) 鉛直軸誤差を消去するには,水準器の整置回数を偶数回とし,水準器から前視,後視の標尺までの視準距離及び整置ごとの視準距離も等しくする。
(4) 視差による誤差を消去するには,十字線がはっきり見えるよう水準器の接眼レンズの調節を行う。