一級建築施工管理



【No. 1】 トランシット測量における器械誤差の消去に関する次の記述のうち適当でないものはどれか。

(1) 視準軸誤差は,視準線が水平軸に直交していないために生ずる誤差で,望遠鏡正・反の測定では消去できない。
(2) 鉛直目盛の指標誤差は,器械・器具の固有の誤差で,望遠鏡正・反の測定で消去できる。
(3) 水平軸誤差は,水平軸が鉛直軸に直交していないために生ずる誤差で,望遠鏡正・反の測定で消去できる。
(4) 視準軸の外心誤差(偏心誤差)は,視準軸が器械の回転中心と一致しないために生ずる誤差で,望遠鏡正・反の測定で消去できる。