一級建築施工管理



〔N o.1〕環境工学における用語に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.PMVは、室内の温熱感覚に関係する、気温、放射温度、相対湿度、気流速度、人体の代謝量及び着衣量を考慮した温熱環境指標である。
2.照度は、目で見た明るさに直接的な関わりがあり、屋内照明器具による不快グレアの評価に用いられる。
3.プルキンエ現象は、暗所視において、比視感度が最大となる波長が短い波長へず・れ・る現象である。
4.残響室法吸音率は、残響室内に試料を設置した場合と設置しない場合の残響時間を測定して、その値をもとに算出する試料の吸音率である。