一級建築施工管理



〔N o.1〕施工計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.契約書の規定に基づく条件変更等により、実施工程表を変更する必要が生じたので、施工の進に支障がないよう、当該変更部分の施工と並行して変更された実施工程表の提出を受け承認した。
2.部材、部品等の工場生産に先立ち、工場生産者の作成した製作図、製作要領書、品質管理要領書、製品検査要領書等について、工事施工者からの提出を受け承認した。
3.プレキャストコンクリート部材の運搬・揚重・保管について、搬入される部材を、直接、運搬車より組立て用クレーンで吊上げて組み立て、悪天候により作業ができない場合には荷降しのみとし、現場内に仮置きするという施工計画書の提出を受けた。
4.近隣の安全に対して行う仮設計画に必要な一切の手段については、契約書や設計図書に特別の定めがなかったので、受注者の責任において定めた施工計画書の提出を受けた。