一級建築施工管理



〔No.1〕 施工計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1 .工期全体にわたる工事の実施について作成された実施工程表(全体工程表) は、 施工の順序及び工期全体を監視できるものであり、大きな設計変更等があった場合には、速やかに訂正されなければならない。

2 .標準仕様書は、建築物の質的水準の統一や設計図書作成の合理化を図ることを目的として、工事に使用される材料、工法、試験方法等の標準的な仕様について、あらかじめ作成されたものである。

3 .品質管理計画は、工種別施工計画書の一部をなすもので、「品質管理組織」、「管理項目及び管理値」、 「品質管理実施方法」、 「品質評価方法」及び「管理値を外れた場合の措置」について、設計者が具体的に記載するものである。

4 .コンクリートの乾燥収縮ひび割れの補修は、型枠取し後、 仕上材の施工前までにできる限り長期間経過した後に行う計画とする。