一級建築施工管理



〔No.1〕建築士法に規定されている建築士の職責等に関する記述の[ A ]〜[ D ]に該当
する語句の組合せとして、正しいものは、次のうちどれか。
建築士法第2条の2において、「建築士は、常に品位を保持し、業務に関する法令及び実務に精通して、[ A ]に寄与するように、公正かつ誠実にその業務を行わなければならない。」とされている。
また、同法第21条の4において、「建築士は、[ B ]を害するような[ C ]をしてはならない。」とされ、同法第22条第1項においては、「建築士は、設計及び工事監理に必要な[ D ]の維持向上に努めなければならない。」とされている。
  A                B           C   D
1.国民の生命、健康及び財産の保護・・公共の福祉の増進・・・・建築・・知識及び技能
2.国民の生命、健康及び財産の保護・・建築士の信用又は品位・・建築・・専門的応用能力
3.建築物の質の向上・・・・・・・・・建築士の信用又は品位・・行為・・知識及び技能
4.建築物の質の向上・・・・・・・・・公共の福祉の増進行為・・専門・・的応用能力