一級建築施工管理



【No.1】土質調査・試験結果資料からわかる土の性質などに関する次の記述のうち,適当でないものはどれか。
(1) 土粒子の密度は,2.30〜2.75の間にあるものが多く,あまり変動の大きいものはないものの,2.5以下の値をとるものは有機物を含んでいる。
(2) N値は,盛土の基礎地盤を評価する上で有益な指標であるが,砂質土でN値30以上では非常に密な地盤判定に分類される。
(3) 自然含水比は,一般に粗粒なほど小さく細粒になるにつれて大きくなり,粘性土では沈下と安定の傾向を推定することができる。
(4) 圧縮指数は,土の圧縮性を代表する指数で,粘土層の沈下量を圧縮指数と塑性指数から判定することができる。