一級建築施工管理



【No.1】土の原位置試験に関する次の記述のうち,適当なものはどれか。
(1) 現場密度を測定する方法には,ブロックサンプリング,砂置換法,RI計器による方法があり,現場含水量と同時に測定できる方法は砂置換法である。
(2) トラフィカビリティは,コーンペネトロメータの貫入抵抗から判定されるもので,原位置又は室内における試験で計測する。
(3) ベーン試験は,主として硬い砂地盤のせん断強さを求めるもので,ボーリング孔を用いて行う。
(4) 現場透水試験は,軟弱地盤の土の強度を評価したり,掘削に伴う湧水量や排水工法を検討するために行われるものである。