一級建築施工管理



【No.1】土の原位置試験に関する次の記述のうち,適当でないものはどれか。
(1) 盛土の品質管理の目的で行う現場密度の測定は,締固めた土の締固め度,飽和度,空気間隙率等を求めるものである。
(2) 一般にトラフィカビリティは,コーンペネトロメータで測定した塑性指数で示される。
(3) ベーン試験は,軟弱な粘性土,シルト,有機質土のせん断強さを現地において測定するものである。
(4) 現場透水試験は,地盤に井戸又は観測孔を設け,揚水又は注水時の水位や流量を測定し,地盤の原位置における透水係数を求めるものである。