一級建築施工管理



【No.1】サウンディングによる土質調査に関する次の記述のうち,適当でないものはどれか。
(1) 標準貫入試験は,規定重量のハンマを自由落下させ,抵抗部分が30cm貫入するのに要する
打撃回数(N値)を測定し,土の締まり具合などの判定をするものである。
(2) スウェーデン式サウンディング試験は,規定のおもりを載荷したときのスクリューポイントの静的貫入及び静的貫入停止後に人力による回転を与えたときのその貫入量1mあたりに換算した半回転数を測定するものであり,やわらかい粘土や緩い砂質土層の層厚の確認に有効である。
(3) オランダ式二重管コーン貫入試験は,静的貫入によりマントルコーンを連続的に cm押し込んだときに,コーン底面に作用する貫入抵抗を測定し,砂層の支持力などを推定するものである。
(4) ポータブルコーン貫入試験は,人力によりコーンの静的貫入を行い,その時のコーン断面積あたりの抵抗値を測定し,礫質土の締固め管理などに用いるものである。