一級建築施工管理



〔 No. 1〕 サウンディングによる土質調査に関する次の記述のうち適当なものはどれか。
1. ポータブルコーン貫入試験は,規定質量のハンマを自由落下させ,先端コーンを10 cm 打ち込むのに必要な打撃数を測定する。
2. 土の標準貫入試験は,規定質量のハンマを50cm自由落下させ,ロッド先端に取り付けた標準貫入試験用サンプラーを20cm打ち込むのに必要な打撃数を測定する。
3. オランダ式二重管コーン貫入試験は,動的貫入によりマントルコーンを1 cm / s の貫入速度で10 cm 打ち込んだときに,コーン底面に作用する貫入抵抗値を測定する。
4. スウェーデン式サウンディング試験は,50 N から1 kN までの6段階のおもり載荷による静的貫入量と,1 kN 載荷のまま回転貫入させ規定の貫入量に達したときの半回転数を測定する。